原則3年以内に正社員登用!八木橋契約社員募集中

多くの女性が活躍している職場です。
販売職・事務職など様々な部門を経験し、成長することができます。

須藤史朗さんへのインタビュー

平成25年 立教大学 卒業
平成26年6月入社(契約社員) 営業推進室 モバイル担当
平成27年 情報監理 システム担当【異動】
平成28年 正社員登用 
平成29年 現在に至る

 

──志望の動機は?

 

元々、物を売る仕事がしたくて、
文房具のお店や靴の販売など、自分の興味のある小売業に勤めていました。
しかし、婦人服をはじめとする様々な衣料品や服飾雑貨、食料品、
生活必需品を多様に扱う大規模な百貨店という業態に興味を持ち転職しました。
自分以外の消費者は、自分とは異なるものに関心を持ち、
郊外のショッピングセンターなどの商業施設に、足を運び「モノ」を買いますよね。
世の中の人々は、どんな流行に興味を持ち、
行列をつくって並んでまで、「モノ」を買うということがとても面白いなって思ったんです。
そういう人の気持ちを分析して、お店の中に商品を取りそろえられたら素敵だなって。

 

──小売りに興味があって、転職したそうですが「モバイル担当」で大丈夫でしたか?

 

当時は、八木橋の楽天市場店を任されて、
新入社員なのに、かなりの裁量を与えられていました。
お中元やお歳暮の季節になると、ネット通販事業部である自分の担当部署に
全国からたくさんの注文が入って、本当に驚きました。
そんな楽天市場店で、どんなものを扱ったら「モノ」が売れるのか
お客様が喜んでくれるのは、どんな商品なんだろうって考えるのがすごく楽しかったです。

 

──百貨店というと、販売・接客のイメージですが?

 

正社員に登用されてからは、情報監理のシステム担当へと配属が変わりました。
やりがいのある楽天市場の担当から、仕事の内容は大きく変わり、社内のレジシステムやパソコンと向き合うことが多くなってしまいました。
それでも、社内応援という仕組みがあって、自分の仕事だけやっていればよいというわけにはいかないんです。たとえば、売り出しの時には売り場のレジ応援に入ったり、北海道物産展の時には、たくさん来て下さるお客様の列を整理したりと大忙しです。
「笑顔の接客」をしなければと思うんですが、実はちょっと苦手です(笑)

 

──正社員登用などのキャリアアップについてはどう考えていますか?

 

異動などで戸惑いもありましたが、2年目で正社員登用試験に合格しました。
正社員は、入社してから3年間受験可能なのですが、
社内の基本的なルールや業務知識、一般常識があれば合格することができます。
現在は情報システムの担当で、課長の元で業務知識をマスターすることに努めています。
自分がいれば大丈夫といわれるように、スキルアップしたいですね。
そして、将来的には課長の代行ができる係長を目指してキャリアアップしたいです!

 

※※※ お気軽にお電話ください※※※

〒360-8502 埼玉県熊谷市仲町74番地 担当/総務・人事課
TEL   048-523-1111 (内線2808)
受付時間 10:00〜19:00