(2010年1月2日発行)

原点に立ち返って

昨年は御引立を賜わりましてまことにありがとうございました。

今年も一層の御愛顧を賜わりますようお願い申しあげます。

今年が皆々様にとりましてさらに良いお年でありますようにお祈り申し上げます。

経世済民(けいせいさいみん)=(世をおさめ、民を救う)が政治であり、経済の役目です。経済がヘタれば国もヘタり、民もヘタってくる。今日の日本はまさにそんな状態であります。しかしながら、今の政権では有効な打開策も期待できそうにありません。

賃金が下がる傾向の中で、消費者がますます安さを求めるのも当然のことでしょう。

九百円台のジーンズが売り出されるやそれに対抗して八百円台のジーンズが売り出され、コンビニの主力商品の弁当は価格合戦の真最中です。行きつく先は不毛の大地が広がっていくばかりです。食の安全はどうなるのでしょう。

記憶に新しい汚染米の混入や食肉偽装事件等々が再びくり返えされないことを願うばかりです。

八木橋は現在の地に、初代が店を構えてから今年で百十三年を迎えます。当時の熊谷は交通の要衡地として、又蚕糸産業の中心地として賑わっていましたから、二十店ほどの呉服がそれぞれにお得意様をもって競い合っていたといいます。新参者には容易なことではなかったはずです。そうした激戦区でやがてのうちに一、二位を争う繁昌店になったといいます。初代が常に信用とお客様本位を商売の基本に据えて、お客様が店に入りやすいように工夫したり、茶菓でもてなしたり、生地のお客様には必ず余分にしたとか、そうした努力が支持されたからです。八木橋も原点に立ち返って努力してまいりたいと思います。

なにとぞお引立の程お願い申し上げます。

CLOSE